たすけブログ

節約、投資や生活の知恵などを綴っています。

生活の知恵

社畜と転職

投稿日:2020年3月21日 更新日:

こんにちは、たすけです。

コロナウィルスの影響で、在宅ワークが推奨されていることも会社も多いのではないでしょうか。僕の勤めている会社は、セキュリティーシステム上、外部からアクセスできないため、出社しなければ仕事ができません。

 

これってパワハラ?

そんな会社で3連休を目前に、上司とのやり取りの話です。

僕の上司は根っからの社畜さんで、上司の言うことにイエスマンで何でも引き受けマンです。性格が悪い人では無いんですが、「残業している人=頑張っている人」という、いわゆる古い考えかたの人です。

僕が担当している仕事は、新年度にかけて忙しくなります。奥さんは現在、妊娠中です。保育園の預け入れの自粛によって子どもの世話もあり、できるだけ残業をせずに家庭に帰りたいと考えて、仕事に取り組んでいます。

ただ、コロナウィルスの影響で、仕事に大幅な遅延や煩雑な業務が加わりました。そして、そこにまた新たな仕事を社畜上司から頼まれたことが、この話の発端です。

3連休の前に、どうにもこうにも間に合わない締め切りの仕事が社畜上司から頼まれました。上司に締め切りを伸ばしてもらえないか相談したのですが、「本社勤務なら3日くらい徹夜してやれって言われるけどな」と言われました。

上記の理由で家庭の環境的に厳しいので、考慮してほしかったのですが、配慮いただけませんでした。

この発言はパワハラなのかな?とか思いながら、今日も仕事に行ってきました。そんな感じで3連休を迎えたという話です。

転職するか否か

転職には肯定的な理由と否定的な理由が両立しています。

肯定的な理由

  • 満足感の無い仕事を続けても後悔するのではないか。
  • やりたい仕事に就くべきではないのか。
  • 評価されたいのではあれば、より成果主義の業種で挑戦すべきではないか。
  • 消化しきれない思いを持ったまま、この仕事を続けていくことが正しいのか。
  • これからの人生の満足感が多く変わるのではないか。

否定的な理由

  • 妻や子どもがいる中で、環境を変えることは正しいのか。
  • 自分のやる気やスキルは次の仕事でも通用するものなのか。
  • 転職したからといって、良い方向に変わるとは限らないのではないか。
  • ただの「ないものねだり」であって、それ以上の望みは逆に不幸を招くのではないか。

以上のような思いが常にあり、今後、自分の人生を振り返った時に、本当に納得できるのかということを思います。

 

まとめ

今回は、全然節約と関係の無い、普通の社会人の悩みごとになりました。

このブログを読んでくれている人の一部には同じような思いを持っている人もいるんじゃないかと思います。

今後、現職を続けるにせよ、転職するにせよ、後悔のないようによく考えて動きます。もし、良かったら、そんな1人の社会人が悩む姿も含めて、書いてくブログを今後も見ていただければ幸いです。

もう少し仕事が落ち着く時期が来たら、ブログを整えて、見やすくしたいなと思っています。

今後もどうぞよろしくお願いします。

たすけ

-生活の知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

記事の構成を考える。

そろそろまともな記事を書いていこうと思います。 継続して安定した記事の投稿を続けていくためには、簡単な記事の構成があったほうが良いと思ったので、この記事の中で構成を考えていくことにします。 いろんな記 …

お金がないと、説得力もない。

こんにちは、たすけです。 目次1 前回の記事の後日談2 君は裏切らないぞ、オリックス銀行3 まとめ 前回の記事の後日談 正直、前の記事は結構、効率的で有意義な内容だったと思ったのですが、閲覧数12です …

 

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031