たすけブログ

節約、投資や生活の知恵などを綴っています。

投資

株価が暴落した時、売るべきか、我慢するべきか!

投稿日:2021年1月21日 更新日:

皆さん投資していますか。

株や投資信託など資産運用を行っているかたであれば、今回のテーマは気になるポイントではないでしょうか。

売り買いに正解はありませんが、できるだけ損失は避けたいですよね。

自分の資産の評価価格が下落した時、「売らずに持ち続けるべきか」又は「損しても売ってしまうべきか」の選択をしなければいけません。

今回、僕自身が2020年の1月頃から投資信託の購入を始めましたが、その直後、コロナウイルスの流行により、大きく評価価格が下落しました。

その時に、僕が判断した内容、今後同じような事態が起こった際に、参考になるようなポイントについてお伝えしていこうと思います。

 

売るか売らないの判断基準

投資をするということは、今後の経済を予想することが非常に重要になります。それは、「NYダウが高騰した」「日経平均が下がった」ということではありません。

今後の経済を予想というのは、これから必要とされる事業は何か。を予想するということです。

例えば、日本で大きな地震が発生し、火事、津波、建物が倒壊した場合、これから必要とされる事業は何でしょうか。

僕は、「建設業」だと考えます。きっと、国は復興に力を入れて、建設業に税金を投入するのではないでしょうか。

東北大震災(2011年3月11日)の後の日本の建設業トップ3の株価の動きはこのとおりです。

 

会社名 東北大震災時の株価 現在の株価(2021/1/21)
積水ハウス 794円 2,056円
大和ハウス工業 980円 3,026円
大東建託 6,680円 9,440円

以上のとおり全ての株価が上がっています。これが東北大震災による影響だと決定するものはありませんが、世の中に必要とされる事業であったため、株価が上がったのではないでしょうか。

今回のコロナウイルスの発生前と発生後で、必要とされたもの、不必要とされたものが大きく分かれたと思います。僕自身がどのように判断したのか。いってみましょう!

 

売らずに持ち続けた投資信託

SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

SBIで一番購入されている投資信託になります。ざっくり説明すると、アメリカの大きな企業500社の株をまとめた投資信託です。

この500社の株の中には、みなさんもご存じのAppleMicrosoftFacebookgoogleAmazonも含まれています。

ではなぜ、この投資信託を売らずに持ち続けたというのかと言うと、先ほどあげた上記5社の必要性がなくなる世の中が想像できなかったからです。

iPhoneを持たない? 仕事でエクセルを使わない? instagramを開かない? youtube見ない? Amazonで注文しない?

僕にはこんな将来が想像できませんでした。きっと、コロナウイルスが流行したとしても、一時的な下落と考え、株価が落ちたタイミングで買い増しをしました。

黄色が僕が購入したおおよそのタイミングです。一時的に大きく下がったものの、現在では回復し、利益を出しています。

※狙いを定めて買い増ししましたが、予想以上に下がったため、本当に回復するのか、判断が正しいのかわからず、かなり焦っていました。

 

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式

こちらは、日本も含めた先進国と新興国の株式の投資信託になります。世界全体の経済状況に左右されると考えていました。

結論から言うと、この投資信託については売却せずに持ち続けましたが、コロナウイルス前と同じ価格まで戻った時に売却しました。

売却した理由ですが、「いつかは戻るだろうなぁ」ぐらいで考えていましたが、コロナウイルスが収束していないにも関わらず、価格が戻るのが早く感じたためです。

おおよそですが、黄色が購入したタイミングで、オレンジが売却したタイミングです。

僕の予想に反し、価格は緩やかな上昇を続けています。

 

売ってしまった投資信託

大和-ダイワJ-REITオープン

日本の不動産投資信託です。80万円程度購入していましたが、こちらは3万円程度の損失をしても売却しました。

こちらを売却した理由ですが、新型コロナウイルスの影響により、在宅ワークが広まり、ビル等の不動産の必要性が低下すると考えたためです。また、業績が悪化した企業が保有している不動産を売却することで、収支改善を行うのではないかと思いました。

おおよそですが、黄色が購入したタイミングで、オレンジが売却したタイミングです。

こちらは予想通り、現在も購入時ほどの金額までは回復していません。少し損しても売却に踏み切れたことは判断として良かったと思っています。ちなみに安くなった今は、毎日100円ずつ買い付けています。

 

まとめ

みなさんの参考になりましたでしょうか。

今回のコロナウイルスによる株価の暴落に対する僕の判断と結果でした。

ポイントは【需要のある事業を冷静に見極める】ことです。

僕は今年も変わらず、継続的にアメリカ株の投資信託を購入する予定です。

この記事が何か役立てば良いなと思います。最後までありがとうざいました。

投資信託を購入して1年目の結果はこちらをご覧ください。

-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

素人でも投資信託は儲かるのか。1年目の結果。

僕が投資を始めたのが、2020年1月からです。日本でコロナウイルスが流行する少し前くらいです。 それまでの自分は投資に全く興味がありませんでした。 リスクをとらずに、「利率の良い定期預金一択!」なんて …

 

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031